2014年9月~2015年2月までスイスのローザンヌ大学に留学していた法学部Kさんの体験談です。

 

〇留学の概要

私は3回生の9月から2月まで、フランス語圏スイスのローザンヌ大学(Universite de Lausanne)に留学していました。留学先では、専門の法学よりもむしろフランス語の習得に重きをおいて、法律の授業を2つ、フランス語の授業を8つ受講していました。

 

〇どんな大学?

ローザンヌ大学は、スイスの南部にあるフランス語圏第2の都市であるローザンヌにあります。キャンパスはレマン湖に面していて、緑が多く羊がたくさん歩いているとても穏やかな雰囲気の大学です。ローザンヌ市内から電車で15分ほどという便利な立地にあり、留学生も多い国際色豊かな大学です。すぐ隣にはスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)があり、その大学との合同サークルなども多く、またスポーツセンターなどでは様々なスポーツのコースが用意されています。

%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%be%ef%bc%91

 

〇なぜスイス…?

初めから、留学するなら英語圏以外に行きたいと考えていたので、候補としてはヘルシンキ大学、コッチ大学、ストックホルム大学なども考えていましたが、英語とフランス語の両方を上達させたいという思いと、どうせ留学に行くなら日本では経験できない多言語の生活をしてみたいという思いから、多言語国家スイスを留学先として選びました。スイスでは、スーパーの商品の説明も駅の看板も行政文書もすべて少なくとも2言語、多くて4言語で書いてあるので、日頃から多言語国家を体験できたと思います。

フランス語圏を留学先として選んだおかげで、それまで第二外国語として文法しか学んでこなかったフランス語を生活に使えるレベルまでに上達することができましたし、留学生同士で英語とフランス語を同時に混ぜながら話すという不思議な体験もしました。

%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%be%ef%bc%92

 

〇授業について

ローザンヌ大学では、法学の授業を2種類、外国語としてのフランス語の授業を8種類受講していました。当初は、もっと法学の授業を受講する予定だったのですが、法学の授業がフランス語でしか開講されていないことを現地で気づき、仕方なく国際人権法と国際環境法の2つに参加していました。しかし、さすがに法学の授業を理解するまでのフランス語力はなかったので、毎回の授業では法律の内容を理解するというよりも、法学関連のフランス語を学ぶつもりで授業に出席していました。

外国語としてのフランス語の授業はすべてフランス語で行われるのですが、中級文法や法律フランス語、戦争の歴史などの様々な授業に参加して、フランス語でプレゼンテーションを行ったり、研修旅行としてクラスのメンバーとヴェルダン(第1次世界大戦最大の戦いが起こった地)を訪れて歴史を学んだり、スイスのニュースを使った時事フランス語を学んだりしました。

授業のほとんどは留学生対象だったのであまり現地学生との交流はありませんでしたが、ドイツ語圏スイスやイタリア語圏スイスからローザンヌに留学している人は少なからずいて、スイス人の友達はたくさんできました。

 

 

〇授業以外の活動について

わたしは中学校から吹奏楽部でトランペットを吹いているので、スイスにもトランペットを持っていきました。運よく、ローザンヌ大学とスイス連邦工科大学の合同ブラスバンドの募集を見つけたので、毎週1回ブラスバンドの練習に参加していました。そこに参加するのはほとんどが現地の学生だったこともあり、練習はすべてフランス語で行われるので、音楽用語のフランス語も同時に覚えることができました。また、楽譜は世界共通なので、毎週楽しく参加していました。何かスポーツや楽器をしている人は、可能な限り道具を持っていくとサークルなどに参加して友達の輪を広げるのに役立つと思います。

また、ローザンヌ大学のスポーツセンターでバドミントンや空手のコースに参加したり、ジムに通ったりもしていました。

 

〇楽しい楽しい遊びについて

「留学」というと、意識の高い勉強好きな一部の人がするものというイメージを持っている人がまだまだいますが、まったくそんなことはありません。もちろん、最大の目的は外国で勉強することですが、留学生との交友関係を深めたり、外国を旅して今までに経験したことのないことを経験したりすることも、留学の重要な要素の一つだと思います。

 

留学中には世界各国から来た留学生に会うことができます。大学にある留学生支援サークルが主催してくれるPubnightと呼ばれる飲み会のような集まりや、日帰りの国内旅行などにも積極的に参加しました。Pubnightに参加して、酔った状態でも英語やフランス語で会話をするという能力を鍛えるのも重要ですし、日帰り旅行でベルンやチューリヒ、バーゼル、ジュネーブといったスイス国内を見て回ることも、自分が自分が暮らしている国を理解する上でとても大切なことだと思います。また同じ「新しい友達に出会う」といっても、授業で会うかイベントであうかで話す話題やノリは違うので、今思い返せばイベントで会った友達との関係の方が長く続いているかもしれません。

 

また、イベントを自分で企画することもあります。仲良くなった友達とInternational Christmas Dinnerと称して、自分の国の自慢の料理を持ちあってクリスマスパーティーをしたり、個人でローザンヌ中の美術館・博物館を回ったりしました。

 

スイスはヨーロッパのど真ん中にある国です。ローザンヌから電車に1時間乗ればフランス・イタリア、2時間半乗ればドイツに行くことができます。そんな立地を存分に利用して、留学生たちは暇さえあれば様々な国に旅行に出かけます。わたしも、クリスマス休暇を利用して23日間ローザンヌ帰らずにヨーロッパをぐるぐるしたり、金土日を利用して弾丸旅行に出たりして、滞在中に計9か国を訪れることができました。一人旅が嫌いな性格なので、いろんな友達を誘ったり、帰国していた友達に現地で会ったりと、そこでも友達関係が深くなったと思っています。

 

〇留学の意味は留学中だけにあるんじゃない!

留学の意味は、留学している半年間・1年間だけにあるのではありません。留学中にできた世界中の友達に会いに、今まで行ったことのない国に行ったり、今まで触れたことのなかった言語・文化に触れたりすることも、留学をした「意味」に含まれると考えてみてください。わたしも、ドイツや韓国に行った際には留学中に会ったドイツ人や韓国人の友達が案内してくれました。外国で友達に会うという経験をしたことがある日本人学生はあまり多くはないのではないでしょうか。そんなプレミアムな経験ができるようになるのも、留学から帰ってきた後の醍醐味の一つです。また、留学中の友達が京都に遊びに来てくれたときには、友達のガイド兼通訳をしつつ、自分も観光客で京都を巡りました。

外国に友達がいるということは、その外国のことを身近に感じさせてくれますし、世界地図がちょっと小さくなったような感覚を味わうことができます。また、自分が日本人でありアジア人であるということも再確認することができます。

 

〇まとめ ≪留学のすすめ≫

とまあ、自分がスイスで体験してきたことをつらつら書いてきたわけですが、最終的に言いたいことは、留学すっごく楽しかったよ!!ということです。ジュネーブ空港へ向かう飛行機の中で抱いていた不安は到着2日目にはすべて消え去ったし、もちろん言語が通じなくて悔しいもどかしい思いをしたこともあったけど、外国語なんて最初は通じなくて当たり前と思えば気にならなくなりました。もちろん、それで諦めて投げ出してしまっては留学の意味がなくなってしまいますが、その悔しさを勉強への意欲に変えていけばよいのだと思います。

これから留学に行く人へ!留学しようと決めた決断は絶対に間違いではないし、絶対に後悔しないと思います。もし、受け入れ先の大学の事情とか英語力が足りなくてとかで希望していた大学には行けなかったとしても、どこの国に行っても「住めば都」、どこにいても良い友達はできるものです。友達ができなかったとしたら、それはその大学や場所のせいではなく、自分の積極性の問題だと考えてください。

留学しようかな、どうしようかなと迷っている人!迷っている理由には、金銭的な事情や学部のカリキュラムの事情など、自分一人ではなかなか解決できない事情の人もいると思います。が、個人的には迷ってるならとりあえず行ってみよう!と強くオススメします。留学に行って、それに見合った何かを得て帰って来れるのだろうか、留学って単に海外に行って遊んで帰ってくるだけじゃなかろうか、と考えている人もいそうですが、すべては自分のモチベーション次第です。なんにも目的がなくただ漫然の留学に行けば、単に「海外で半年・1年過ごした」という事実だけで終わってしまうけれど、何かしら(どんな些細なことでも)目標があれば、京大にいるだけでは絶対に経験できない充実した半年・1年にすることができます。その目標は「外国人の友達をたくさん作る」でも「ヨーロッパ法の基礎を学んでくる」でも「ドイツ語を上達させる」でも何でも大丈夫です。その目標があれば、留学は必ず意味のある充実したものになると思います。

 

ずいぶん長々と書いてしまいましたが、これを読んで、留学への不安が少しでも和らいだり、留学に行く決心がついたりしてくれる人がいたら嬉しいなあと思っています。これから留学に行く人が充実した留学生活を送れるように応援しています!

%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%be%ef%bc%93%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%be%ef%bc%94

 

 

 

広告