この記事では、私の留学経験を交えながら、留学を成功させるために必要だと私が思うことを書きます。「これがなければ成功しない」ではなく「これがあれば成功するだろう」ということです。

そしてここでの留学とは、基本的に1セメスター以上の比較的長期の留学を指します。

金川体験記(写真例)

留学で得られるものとは?

まず始めに、留学の成功とは何でしょう?

 

人によって異なることは明らかですが、ここでは

「留学に行かなかった場合に日本で得られたであろう経験より、留学先で実際に得た経験の方がよかったと、明確な理由ととも説明できること」

とします。

 

いきなりカタい言い方をしましたが、要は留学にいって良かったと、自信を持って言えるかどうかです。

 

さて、次には留学先で実際に得られるであろうものを考えてみましょう。

・語学力

・外国人の友達

・留学先ならではの文化に触れる経験

・専門科目の知識

・チームで何かを達成する経験

・自国の文化を伝える経験

 

などなど、いろいろありますね。

 

語学力に関して、たとえば私はアメリカのUniversity of Wisconsin-Madison(以下UW)に留学していたため、1セメスターだけでしたがかなり英語が上達したのではないかと思います。

まだまだネイティブの輪に溶け込むには程遠いですが、いまなら英語が喋れると胸を張って言えます。

 

そしてUWには他の国からもたくさん交換留学生が来ていたので、一緒にご飯を食べたりバーに行ったり図書館で勉強したり、春休みを利用してマイアミに行ったりもしました。

 

UWは北アメリカに位置し、私が居た時は冬だったため、夜図書館を出たら-28℃、とかもありました。

湖の上でスケートするとか、日本ではあり得ない経験です。

春が近づき、日中の気温がついに「-」じゃなくなった時はみんな大喜びでした。

 

専門科目に関しては、私は日本では理系院生でありながら、留学先ではビジネスを専攻し、今まで知らなかったことをたくさん学べました。夜はほぼ毎日24時ぐらいまで友達と図書館で勉強する日々でした。

 

また、授業では座学だけでなくチームでの学期末の発表も求められたため、他のメンバーとミーティングを繰り返す日々を過ごしていました。

学外ではビジネスコンテストも開催されたため、メンバーを集め、欲張って3回も出場しました。幸いにもそのうちの一つでは優勝することができました。

 

他にもUWではJSA(Japanese Student Association)に所属しており、ブースを設けて日本文化を紹介するイベントを開催したりもしました。

想像以上に人が来てくれ、忙しいと同時に嬉しかったのを今でも覚えています。

 

これらの経験を通して、私の場合は胸を張って留学は”成功”だったと言えます。もっとやれたなぁと思うことはもちろんありますが。

それはなぜか、考えてみました。

 

留学前、何をしておくべきか?

何となくでもいいので「留学の目的を明確にしておくこと」や「英語を少しでも上達させておくこと」は、もちろん大事です。

 

たとえば私の場合は

・チームで何かを達成する経験をすること

・やると決めたことをやりきること

を常に心がけて行動していました。

「◯◯を学ぶために△△大学に行く!」といった非常に明確な理由があれば、それはもちろん良いと思います。

しかし、そこまで明確な理由はないが留学に踏み切る場合においても、漠然とでも目的を明確化することによって日々の生活の中でも思考が生まれ、刺激の多い留学中において自分が何をすべきか判断しやすくなります。

そして語学に関しては、私は交換留学に行く2年前にEF Education Firstという教育機関を利用して1ヶ月間ニューヨーク留学を行っていたのですが、その時に少しでも英語を上達させていたことは非常に価値があったと思います。

最低限は喋れないと話にならないし、そもそも交換留学へ応募するボーダーを越えられないからです。

 

留学の”成功”に必要なこととは?

しかし私にとってそれ以上に良かったのは、留学に行く前から

 

「どんなチャンスでも飛びついてやろう。少しぐらい無理してでもいろんなことに手を広げ、それをやりきってやろう。」

 

という、”強烈なハングリー精神”があったことです。

 

精神論かよ、と突っ込まれそうですが、個人的には非常に大事だと思っていますし、私の場合はそういう精神で留学に臨んだからこそ、1セメスターでも比較的多様な経験を得られたと思っています。

 

そもそも留学の目的をここで言う”成功”ではなく、純粋に楽しむことだけにフォーカスするなら、特に何も考えなくてもいいかもしれません。

 

しかし、せっかく留学に行くという一大決心をして、異国の地で暮らすという貴重な経験をするなら、それを最大限活かしたい。そう思いませんか?

 

繰り返しますが、ここで述べた話は「これがなければ成功しない」ではなく「これがあれば成功するだろう」ということです。

 

これを読んで、留学に興味がなかった人が少しでも興味を持ち、留学を悩んでいた人が留学に踏み切り、そして留学の決まった人が現地で力を最大限を発揮できることを、心から祈っています。

 

以下に私のFacebookページと個人で運営しているWebサイトのURLを載せておきますので、もしUniversity of Wisconsin-Madisonの詳しい情報を知りたい方がいらっしゃれば、遠慮なくご連絡ください!

 

金川英弘:

Facebook: https://www.facebook.com/kanagawa.hidehiro

Webサイト: http://follow-out.com

広告